HOME

玄米・自然食で日本を元気に!玄米酵素

会社紹介

HOME > がんの抑制 > 膵臓がんの進行を遅らせる

玄米と米糠(胚芽・表皮)を麹菌で発酵させた食品FBRA(ふぶら)の学術研究

がんの抑制 膵臓がんの進行を遅らせる

がんの抑制 膵臓がんの進行を遅らせる

FBRA(ふぶら)にはハムスターの膵臓がんの進行を遅延する作用があることが示されました

※この結果は直ちにヒトに適応できるものではありません。

膵臓がんの進行を遅らせるよ

Preventive effects of fermented brown rice and rice bran against N-nitrosobis(2-oxopropyl) amine-induced pancreatic tumorigenesis in male hamsters Kuno Y. et al., Oncology Letters, 2015
名古屋市立大学 大学院医学研究科 実験病態病理学

膵臓がんの発生率の変化

ハムスターに膵臓にがんを誘発する化学発がん物質(BOP)を皮下注射すると膵臓がんが発症します。発がん剤(BOP)を使った膵臓がんの発がんを、FBRA(ふぶら)が進行を抑えるかどうか調べました。ハムスターを以下の2つのグループに分け、膵臓がんの進行を比較しました。

膵臓がんの発生率の変化

膵臓の病変と発生率に対するFBRA(ふぶら)の効果

膵臓の病変と発生率に対するFBRA(ふぶら)の効果

FBRA(ふぶら)を10%含むエサを食べさせたハムスターは、浸潤性膵管がん(進行した状態)の割合が減少し、軽度の過形成病変(進行が進んでいない状態)の割合が増加しました。
従ってFBRA(ふぶら)には、発症した膵臓がんの進行を遅延する効果があることがわかりました。
がんの進行を遅延することは、ステージの初期に病気を発見する確率が増加します。よって、膵臓がん罹患による死亡率の低下につながることが期待されます。

膵臓がんについてのトピックス

膵臓について
膵臓は胃の後ろにある幅2cm、長さ15cmと薄っぺらく、他の臓器に囲まれており、あまり目立たない臓器です。膵臓の役割は大きく2つに分けられます。
その一つは、食べ物を消化する為の消化液を分泌する働き(外分泌機能)です。膵臓は一日当たり1000mLの消化液を分泌します。消化液には糖質を分解するアミラーゼ、脂質を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するトリプシンが含まれており、栄養の消化吸収に対して重要な働きをしています。
もう一つは、血糖値を調節するホルモンを分泌する働き(内分泌機能)です。血液中の糖を減らすインスリンと、糖を増やすグルカゴンを分泌し、急激に血糖値が上昇しないようにコントロールしています。
膵臓が上手く働かなくなると、これらの機能が低下します。その結果、栄養が上手に供給されず体重の減少がみられたり、血糖値のコントロールが上手くできず糖尿病になることがあります。
膵臓がんとは
膵臓がんは早期には目立った症状は見られません。膵臓がんを早い段階で見つける事は難しく、年に約3万人の方が亡くなるそうです(平成26年人口動態統計 厚生労働省より)。膵臓がんが進行すると顕著な体重減少や黄疸の症状が表れ、見つかったときには他臓器に転移し手遅れとなることも少なくありません。がんを切除しても5年生存率は20%未満と低いことから、消化器癌のなかで予後が最も悪いと言われています。膵臓がんを起す危険因子は、喫煙、肥満、糖尿病、慢性膵炎などがあります。

【参考図書】
山本敏行・鈴木泰三・田崎京二(2006)『新しい解剖生理学(改訂第11版)』南江堂
後藤昌義・瀧下修一(2010)『新しい臨床栄養学(改訂第5版)』南江堂