HOME

玄米・自然食で日本を元気に!玄米酵素

会社紹介

1971年に「手軽な玄米食」として、玄米と米糠を麹菌で発酵させた食品「FBRA(ふぶら)」が誕生しました。食と健康研究所ふぶらぼでは、FBRA(ふぶら)が健康にどう働くかの研究結果をご紹介します。

1971年に「手軽な玄米食」として、玄米と米糠を麹菌で発酵させた食品「FBRA(ふぶら)」が誕生しました。食と健康研究所ふぶらぼでは、FBRA(ふぶら)が健康にどう働くかの研究結果をご紹介します。

「FBRA(ふぶら)」の機能性研究

血圧

高血圧に関わるACEを阻害する作用が示されました。

血圧

抗酸化作用

活性酸素を抑える作用が示されました。

抗酸化作用

肝炎の抑制

肝炎の発症を緩和する作用が示されました。

肝炎の抑制

FBRA研究会座長 小林博先生
(医学博士、公益財団法人札幌がんセミナー理事長、北海道大学名誉教授、元日本癌学会会長)

元々は株式会社玄米酵素創業者の岩崎さんとロータリークラブでご縁をいただき、気脈の通じるものがあり、学術研究をお手伝いするようになりました。

FBRA(ふぶら)が世の中から信用、信頼されるためには、医学的な証明が絶対必要だという私の提言を受け止めてくれ、1998年に研究会が発足しました。

それ以来、各方面の専門家に依頼し、厳しい目で研究を続けています。
多方面にわたり医学的に興味深い研究結果が出てきており、国際的に権威ある専門誌に英文論文が既に20本以上も掲載されるまでになりました。

FBRA研究会座長 小林博先生
お友達紹介
このサイトをお友達に紹介する方はこちらからどうぞ。お友達のメールアドレスを入力して送信してください。下記の文章を、メールを送る際ご活用ください。

お友達を紹介してね!

おすすめサイト★医療機関でも紹介される玄米発酵食品の研究データを紹介「ふぶらぼ」

元日本癌学会会長らの医学者が証明!
玄米を麹菌で発酵させた玄米発酵食品「FBRA(ふぶら)」は、9種類のガンの抑制(動物実験の結果)をはじめ、さまざまな健康効果が確認されており、その成果は23本の学術論文として発表されています。
「ふぶらぼ」では、これらの研究成果を分かりやすく解説しています。
食と健康研究所「ふぶらぼ」
https://fbra.jp/

■玄米発酵食(FBRA)の研究成果
・がんの抑制(大腸、肺、膀胱、胃、大腸、食道、膵臓、口腔、転移)
・善玉菌を増やす
・大腸炎を緩和する
・肝炎発症を抑制する
・抗酸化作用(活性酸素を減少させる)
・高血圧に関わるACEを阻害する